最近買ってよかったものらぶ

デザイナーが愛するガジェット、食べ物、ビジネス本などを写真たっぷりで紹介するブログ

世界最軽量モデルにするか軽量モデルにするか悩んだ結果、LIFEBOOK WU2/E3の大容量バッテリーモデルをポチッた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらクリック!

f:id:justyle:20210710144810p:plain

カメラやモバイルガジェット大好きな「ものらぶ太郎」です。

今使っているノートパソコンは、2018年当時の世界最軽量ノートPC(13インチクラス)となる富士通「LIFEBOOK WU2/C3」で、その重さはなんと698g。13.3インチのノートPCとしては驚異的な軽さでした。

本体の軽さには満足しつつ、その一方で、発売から3年近く経つのでそろそろ新しいノートPCに買い替えたくなってきました。

 

LIFEBOOK WU2/C3のバッテリーに不満

「LIFEBOOK WU2/C3」は本体の軽さを優先して購入したため、バッテリーの持ちがあまりよくありません。

どこにでも持っていきたくなる軽さですが、バッテリーのみでの作業は4時間程度しか持たず、以下の記事で紹介したコンセント付きのバッテリーを一緒に持ち歩いています。併用してやっと7-8時間持つ感じです。

その際の重量は、ノートPC本体+ACアダプタ+コンセント付きバッテリー合計で1.5kg弱でしょうか。それなりに重いです。

futurevision.hatenablog.com

また、3年前のモデルなので性能にもちょっと不満を感じており、特に4Kディスプレイに画面出力して操作する際に、もたつきを感じることがあります。

 

軽量ノートPCの内臓バッテリーを25→50Whにカスタマイズ

買い替えるなら今と同じUHシリーズ(モバイルノート)にしようと思い調べてみると、現在は大きく3つのモデルがあることを知りました。

  • 世界最軽量ノートPC(約634g~)
  • 軽量ノートPC(約736g~)
  • 2in1コンバーチブルノートPC(約868g~)

それぞれ、スペックのカスタマイズによって本体の重量が変わります。「軽量ノートPC」と「2in1コンバーチブルノートPC」はオプションでバッテリー容量を2倍(25Wh→50Wh)にすることができますが、「世界最軽量ノートPC」はできません。

ここで、世界最軽量ノートPCにするか、軽量ノートPCのどちらにするか悩みました。

色々悩んだ結果、LIFEBOOK WU2/E3(軽量ノートPC)をベースに、

  • Windows 10 Pro
  • Intel Core i7
  • 16GB
  • 512GB SSD
  • 内臓バッテリー 50Wh
  • かな表記なしキーボード
  • 色はピクトブラック

のようにカスタマイズしました。ポイントは大容量バッテリーを選択したことです。

SSDの容量が現在所有している前機種の1TBから512GBに容量減少している以外、その他のスペックは今使っているノートパソコン(LIFEBOOK WU2/C3)とほぼ同じです。

決め手となったのは内臓バッテリーを2倍にしても本体の重さはたったの約865gという点。これでバッテリーを使った作業が8時間程度できるなら荷物合計の重量はかなり減ります

カスタムメイドモデルは注文から10日間ほどかかるので、今から到着が楽しみです。

 

WEB MARTのカスタマイズ画面

参考までに富士通WEB MARTのキャプチャ画像を載せておきます。アカウント登録をするとさらに割引が受けられるので、購入の際は忘れずにしておきましょう。

f:id:justyle:20210710155658p:plain

f:id:justyle:20210710155704p:plain

f:id:justyle:20210710155709p:plain

f:id:justyle:20210710155717p:plain

まとめ

今使っているノートPCは、2018年製の富士通「 LIFEBOOK WU2/C3」(当時の世界最軽量モデル)ですが、そろそろ3年も経つので後継機に買い替えることにしました。

今回の買い替えのポイントは、出先でのバッテリーライフを重視し、荷物全体の重さを減らしつつ長時間のPC作業の実現を目指したことです。

LIFEBOOK WU2/E3」が届いたらまたレポートしたいと思います。

関連記事

futurevision.hatenablog.com

futurevision.hatenablog.com