UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

これがあれば電源のないカフェでも安心!500mlのペットボトルサイズのコンセント付きバッテリーを持ち歩く。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20191124225450j:plain

働き方改革の推進で、ノートPCさえあればどこでも仕事ができるようになりました。

ただし、無制限に使える無料のWi-Fiとコンセントが必要です。

今は多くのカフェで無料のWi-Fiがありますが、コンセントのあるお店はまだまだ少なく、あったとしても一部の席に限ります。

f:id:justyle:20191124225503j:plain

そんな場合に備えて、1つ持っておきたいのが今回ご紹介する、持ち運びできるコンセント(AC出力)付きのバッテリーです。

Amazonで色々調べてこれにしました。

f:id:justyle:20191124225513j:plain

仕様は以下の通りです。大きさも重さもほぼペットボトル並みです。

  • サイズ:6.9x6.9x14.6cm
  • 本体重量:585g
  • 容量:20100mAh /74,37Wh
  • 入力:AC 19V/1.6A
  • AC 出力:110V/60Hz, 70W最大/60W定格
  • Type-C出力:DC 5V/3Aまで
  • iSmart USB出力:DC 5V / 2.4A まで

f:id:justyle:20191124225520j:plain

写真のとおり、しっかりとしたケースと、バッテリーを入れるポーチ付きです。

f:id:justyle:20191124225549j:plain

バッテリーを充電するケーブルは特殊形状となっておりますが、僅か4時間で本体をフル充電可能というのがポイント。

それ以外に、microUSBケーブルが2本(ショート、ロング)が付属。

f:id:justyle:20191124225532j:plain

本体は片手で持てる大きさで、ズシリと重さがありますが、500~600mlのペットボトルを持っている感覚に近いです。

f:id:justyle:20191124225614j:plain

上面にあるゴム素材のカバーを開けると、コンセントが出てきます。これで主なノートPCに約1回充電が可能となっています。

f:id:justyle:20191124225620j:plain

通常のUSB端子に加え、USB-Type C端子もサポート。デジタルカメラやスマホ等への給電もできるので、他にモバイルバッテリーを持ち歩く必要もありません。

f:id:justyle:20191124225625j:plain

上面にある電源ボタンを押すと、充電状態をランプで確認できます。

f:id:justyle:20191124225630j:plain

本体はマットな質感でサラサラとした手触り。裏面はシンプル。

f:id:justyle:20191124225635j:plain

側面にも何もありません。

f:id:justyle:20191124225640j:plain

裏面もシンプル。

f:id:justyle:20191124225647j:plain

さっそく手持ちのノートPC「LIFEBOOK WU2/C3」で試してみたところ、何の問題もなく使えました。 

 

f:id:justyle:20191124225658j:plain

これで電源のないカフェも怖くない。

ノートPC以外にも様々な機器を接続することができるので、出張や旅行、車でのドライブのお供として大活躍しそうです。停電の時も一安心。

あなたの家にも1ついかがでしょうか?