UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

丸いカタチのキーがオシャレなロジクールのワイヤレスキーボードが使いやすい。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20190504111713j:plain

先々月に手に入れたGPD Pocket 2は性能が上がった分、サクサク仕事がしたいところですが、本体のキーボードは特殊なのでスピードタイピングには向きません。

かといって昨年、GPD用に購入した超薄型モバイルキーボードが打ちやすいかといえば、そうでもない。サイズはちょうどいいのですが、一般的なノートPCのキーボードに比べると騙し騙し使う感じです。

futurevision.hatenablog.com

f:id:justyle:20190504111714j:plain

そこで考えたのが、GPD Pocket 2をノートPC並みに打ちやすいキーボードで使えば、ものすごく快適なのではないかということです。その際、多少の重量増はあきらめることにしました。

なぜか急いで入手したくなったので、近所の量販店へ行って見つけたのが、このロジクールのワイヤレス コンパクト キーボードです。

Amazonの評価もそこそこ高い!

f:id:justyle:20190504231413p:plain

f:id:justyle:20190504111715j:plain

早速開封します。

キーボード自体は濃いグレーでカッコいいのですが、キートップ形状が丸いので優しい印象です。左上に並ぶ黄色のキーがアクセントになっています。

これは、あらかじめ接続された3台のBluetoothデバイス(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)をワンタッチで切り替え可能なボタンになっています。

f:id:justyle:20190504111716j:plain

ほぼ本体のみという構成です。

f:id:justyle:20190504111717j:plain

キーボードの裏には、簡単な使い方の説明がイラストで描かれた紙が入っていました。

f:id:justyle:20190504111720j:plain

マルチデバイス対応ですが、キー配列はWindowsが標準となっているようです。

これなら、いつも使っているノートPCと同じように使えるのでスピーディーに入力できそう。

f:id:justyle:20190609210043j:plain

AppleのMagic Keyboardとの比較です。ややロジクールの方が大きいですが、ほぼ同じくらいのサイズといってよいでしょう。

f:id:justyle:20190504111718j:plain

裏面はスッキリとして好印象です。写真では分かりづらいですが、手前の端の方に小さく「K380」と印刷されています。型番を主張しない感じがデザインのこだわりを感じてしまいます。

f:id:justyle:20190504111719j:plain

キーボード本体にはあらかじめ単四電池が2本入っていました。

f:id:justyle:20190609211104j:plain

早速、GPD Pocket 2に接続して使ってみたところとても快適に使えて最高です。Bluetoothの接続も安定しているようでしばらく使ってみましたが、今のところ不具合はありません。

f:id:justyle:20190504111721j:plain

唯一の難点は本体の重さですが、その分しっかりと安定してタイピングができるのでしょうがないのかなと思います。 

 関連記事 

futurevision.hatenablog.com