UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

価格コムで4.48と評価の高い象印のIH炊飯ジャー「極め炊き NP-VQ10」を買ったら、ご飯を食べる量が増えた。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20181230161145j:plain

パン食もいいですが、お米大好きSUPER_UPDATERです。

昨年末に炊飯器もアップグレードしちゃいました。

これまで使っていたのは、無印良品の3合炊きでしたが、子どもたちがたくさん食べるようになり、とうとう3合炊きでは足りなくなってしまいました。特に下の娘がよく食べる。

さらに、以前から炊飯器の内釜のコーティングの痛みも激しかったので新しく購入することに。

我が家は、6〜7万円もする高級家電には全く興味がないので、安くて評価の高いものをネットで探しました。今時、ご飯が美味しく炊けない炊飯器自体ありませんから、特に最新モデルにもこだわっていません。

f:id:justyle:20181231161849p:plain

そこで価格コムで見つけたのが、象印の2016年モデル。満足度も4.48と申し分ない。

ちなみに、Amazonでの評価も上々。2年前のモデルですが、Amazonに在庫があったのでポチッと。

f:id:justyle:20181231162101p:plain

f:id:justyle:20181230161146j:plain

さっそく届いたダンボールを見てびっくり。当たり前ですが、やはり5.5合炊きは本体がデカい。

f:id:justyle:20181230161148j:plain

f:id:justyle:20181230161147j:plain

いわゆる普通の家電らしい取扱説明書と付録。

f:id:justyle:20181230161149j:plain

ジャーン。新しい炊飯器とご対面です。

シンプル&ホワイトなデザインで揃えたかったのですが、5合以上となると、どこのメーカーも似たり寄ったりのデザインですね。

f:id:justyle:20181230161150j:plain

シニア向けか!というくらいデカ文字の操作ボタンたち。デザインはダサダサ。「ザ・象印」

日本の大手メーカーには、ぜひこんな垢ぬけたデザインの炊飯器を安く出してほしい!

f:id:justyle:20181230161153j:plain

計量カップは2つ入り。こういうのは正直なところやめてほしい。使い分けとか面倒すぎます。

f:id:justyle:20181230161155j:plain

手に持っているのは、蒸気口セットです。軽い力で付けたり外したりできました。

f:id:justyle:20181230161156j:plain

滅多に見ませんが、炊飯器の底面。電源コードは本体に収納できます。2-3cm引いて戻すと自動的に巻き込むタイプでした。

f:id:justyle:20181230161157j:plain

コンセントにケーブルをさして、所定の位置にセッティング。以前の炊飯器(3合炊き)では余裕があった場所にぴったり収まりました。

f:id:justyle:20181230161159j:plain

しゃもじ受け取りつけ部は、本体右側面にセットできるようになっていましたが、上の写真の通り、壁との隙間があまりありません。

引き出しを棚の中に押し込むと、しゃもじが壁と接触しやすいのが気になります。

f:id:justyle:20181230161200j:plain

2つ付いていた計量カップは、左が無洗米専用で、右が白米用でした。

f:id:justyle:20181230161203j:plain

さっそくお米を研いで炊いてみます。とりあえず3合分にしました。

f:id:justyle:20181230161207j:plain

親切にも、「理想のごはんを炊くための十箇条」付き。

f:id:justyle:20181230161208j:plain

ご飯が炊き上がりました。

f:id:justyle:20181230161210j:plain

しゃもじでまぜまぜ。

f:id:justyle:20181230161212j:plain

やっぱり出来立てのご飯はおいしい。

個人的には柔らかめのご飯が大好き。ご飯をお代わりするような歳ではないのですが、娘がお代わりしているのをみていると、ついつい食べたくなってしまいます。

f:id:justyle:20181230161211j:plain

おかげで、ご飯を食べる量が増えちゃいました。