UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

iPad Pro 11インチにも、やっぱり紙のような描き心地のペーパーライク保護フィルム(ELECOM製)が最高。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20190102012714j:plain

年末にiPad Proを新型にアップデートしたSUPER_UPDATERです。

iPad Proに貼るフィルムといったら「ペーパーライクフィルム」一択でしょ。というくらい気に入っているのでiPad Pro 11インチ用にも買いました。

Amazonでは低価格のフィルムもたくさん見かけるようになりましたが、ケチって失敗したくないので、実績のあるエレコム製をチョイス。iPad Pro 10.5インチで使っていましたが、特に大きな不満はなかったですから。

f:id:justyle:20190102012715j:plain

とはいえ、Amazonから届いた封筒を開けてびっくり!なんだこの安っぽいパッケージは。

futurevision.hatenablog.com

f:id:justyle:20190102012716j:plain

コストダウンとはいえ、だまされた感が。それとも間に合わなかったのかなぁ。Amazonのページに一言書いてあれば問題ないのですが。

f:id:justyle:20190102012717j:plain

パッケージの中身は、

  • 液晶保護フィルム(ペーパーライク反射防止仕様)
  • ホコリ取りシール
  • クリーニングクロス
  • ヘラ

という構成です。

f:id:justyle:20190102012718j:plain

写真はありませんが、クリーニングクロスでディスプレイをきれいにした後、保護フィルムを貼りヘラを使って気泡を抜いている状況です。

ちなみに、クロスで拭く前に、私は以下のレンズクリーナーを使って画面をきれいにしています。このウェットティッシュはカメラのレンズ以外にも、デジカメやスマホ、タブレットの画面や本体の清掃にも重宝しています。

f:id:justyle:20190102012719j:plain

傷が付いているのは、表面の青いシートで、このシートは後で剥がすので問題ありません。ヘラや指を使って気泡を消していきます。

f:id:justyle:20190102012720j:plain

青い表面シートを剥がせば、傷は残りません(気泡は少し残りました)。

f:id:justyle:20190102012722j:plain

写真のように小さな気泡が残っても大丈夫。

  • 時間の経過とともに気泡が目立たなくなる特殊吸着層を採用したエアレスタイプです。
  • 小さな気泡ができたときには、指などで押し出すことで気泡を抜くことができます。

とのこと。どういう仕組みか分かりませんが、指でこすっていると徐々に消えてなくなります。ただし微小なホコリが入っていると消えません。

f:id:justyle:20190102012723j:plain

一か所だけホコリが入っているのか、どうしても小さな気泡が残ってしまいました。やや気持ち悪いですが、使用の際はまったく気になりません。

関連機器