UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

ゴミ袋とセロテープを使って、エアコンのない部屋を冷やす方法。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20180825191748j:plain

自分の部屋にはエアコンのないSUPER_UPDATERです。

今年は夏が長いと感じるほど、暑い日が多いですよね。自分の部屋には訳あって、エアコンがないのでPC作業をしているとすぐに汗だくになります。

一方、階段を挟んで隣にある寝室に設置してあるクーラーは、基本的には寝るときしか使いません。よく考えると勿体ない。

そこで考えたのが、寝室のエアコンから出る冷えた空気を自室に流し込めないかと。

f:id:justyle:20180825191749j:plain

近くのドラッグストアで買ってきたのが、冒頭の写真にある、

  • 半透明ポリ袋
  • セロテープ

です。これでダクトを作ります。

まずはポリ袋の底をハサミでカットして、

f:id:justyle:20180825191750j:plain

もう一枚のポリ袋の中に入れるように重ねます。

f:id:justyle:20180825191751j:plain

重ねたところをセロテープで止めていきます。やってみたら意外と簡単です。これを何度か繰り返します。

f:id:justyle:20180825191753j:plain

すると上の写真のようなエアーダクトの完成です。

f:id:justyle:20180825191752j:plain

試しに扇風機で空気を送ってみたところ、バッチリ最後まで届きます。

f:id:justyle:20180825191755j:plain

十分な長さのダクトができたら、早速エアコンに取り付けます。

エアコンの左半分からは寝室側にも冷気が行くようにしてテープで取り付けました。

f:id:justyle:20180825191756j:plain

エアコンのスイッチを入れると、ダクトが膨れて冷気が自室の方まで届きました。やった!

f:id:justyle:20180825191754j:plain

完璧です。

「やったー!これでエアコンがなくても快適な夏が過ごせる!」とちょっと嬉しくなりました。

でもこの後、ダクトの先端をハサミでカットしてみたのですが、どうも冷気の排出が弱く、ホットになった部屋の温度を下げるには心許ない感じ。

冷気は自室まで来ているのに排出するパワーがないのです。

そこで用意したのがこちらのサーキュレーターです。

f:id:justyle:20180825191757j:plain

サーキュレーターの後ろから被せるようにダクトをつけてみたら、前面から冷気が勢いよく排出されました!

しかしよくみてみると、ファンの後ろにポリ袋が貼り付いている。これではせっかくのパワーも半減です。

f:id:justyle:20180825191758j:plain

たまたま近くにあったダンボールを加工して、ダクトの出口をしっかりと補強。ちょうどサーキュレーターも中に入りました。

f:id:justyle:20180825191759j:plain

これで、空気の流れを弱めることなくサーキュレーターに送ることができるようになります。

無事、部屋の温度を少し下げることに成功しました。

難点は家族に怒られるので常時設置しておけないことかな。それでも集中してデスクトップPCで作業したい時などには、これがあると助かります。

もうすぐ夏も終わりですが、コストもかからないのでお勧めです。