UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

毎日暑いので、蚊帳を使ってベランダで寝る生活を始めてみた。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20180729215207j:plain

夏の熱帯夜対策として、今年こそはベランダで寝るぞと思い人工芝の上にヨガマットを敷いて一夜を過ごしたところ、蚊に刺されまくったSUPER_UPDATERです。 

futurevision.hatenablog.com

 

f:id:justyle:20180729215208j:plain

そこで手頃なサイズの蚊帳を探していてAmazonで見つけたのがこちらの持ち運び可能なサイズの蚊帳です。

f:id:justyle:20180729215209j:plain

底部になる黒い部分は、カサカサとしたポリエステル製で防水対応しているので湿った場所の上でも使えますが、私の場合はベランダでの使用なのでそもそもそういう状態の時には使いません。

f:id:justyle:20180729221110j:plain

6本のペグと蚊帳を吊るすためのロープ、収納ポーチが付いて梱包重量は約640g。

f:id:justyle:20180729215210j:plain

網の部分はグレーです。

f:id:justyle:20180729215220j:plain

ベランダということで、物干し竿を使ってテント型に張ります。

f:id:justyle:20180729215211j:plain

蚊帳の中にシングルサイズの折りたたみ式マットをぴったり敷くことができました。

f:id:justyle:20180729215212j:plain

テントの中央部は下がっていますが、左右はちゃんと三角形になっています。

f:id:justyle:20180729215213j:plain

出入りする部分のチャックは、暗闇での視認性を考慮してか蛍光グリーン色の紐がついていました。

f:id:justyle:20180729215214j:plain

これでもう蚊に刺されることはないですね。

f:id:justyle:20180729215215j:plain

写真はありませんが、すでにこれで何度か寝てみたところ、思ったほど夜涼しくない。

f:id:justyle:20180729215218j:plain

なぜなら、ちょうど足を伸ばした先にあるエアコンの室外機から生暖かい空気が夜中じゅう出ていて、ベランダに暖気がこもってしまうんです。これは大きな誤算。

室外機の裏の部屋がちょうど寝室になっていて、妻が暑がりなのでずっとエアコンはかけっぱなし。

室外機の前にモノを置いて直接空気が体に当たらないようにしてはみるものの、焼け石に水。

エアコンから出る空気を上空に逃すなどの工夫が必要です。これは今後の課題ですね。

f:id:justyle:20180729215217j:plain

それでも、朝目覚めた時、青い空が見えたり、小鳥の鳴き声がよく聞こえたりするのはとても気持ちがいいです(近くの道路を走る車の音もうるさいですが)。

朝涼しかったりすると、まるでキャンプ場で目覚めたような気分になるから不思議です。

f:id:justyle:20180729215219j:plain

一日雨が降らない日は、マットを外してベランダの端っこの方に寄せておけば、洗濯物を干す際にも邪魔になりません。

木造の戸建てはエアコンで冷やしても、スイッチをオフにするとすぐに気温が上がってしまいますよね。

夜中にエアコンつけっぱなしの部屋で寝るのがあまり好きではないので、晴れた夜には引き続きベランダ生活を続けてみたいと思います。