UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

これで4本目?2年ぶりに「totes」の折りたたみ傘(TITAN)を購入。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20180628224200j:plain

梅雨が大嫌いなSUPER_UPDATERです。

私は大体、2年ごとに折りたたみ傘を買い換えています。

長傘は持たない主義で、丈夫で大きめの折りたたみ傘と、軽さ重視のコンパクトな折りたたみ傘の2本を併用して、お天気の状態で使い分けています。

f:id:justyle:20180628224202j:plain

そんな私が10年近く前から愛用しているのが、「totes」の折りたたみ傘。

今となっては「自動開閉式」は当たり前となりましたが、当時は選択肢が少なかった記憶があります。

f:id:justyle:20180628224201j:plain

日本では聞きなれない方も多いと思いますが、「totes」は米国のレイングッズのシェアNo.1を誇る会社です。

f:id:justyle:20180628230426p:plain
http://totes.jp/

1924年にアメリカ、オハイオ州のオークレーという小さい町で創業した歴史のある会社なんですよね。

f:id:justyle:20180628224203j:plain

自動開閉傘は本当に便利です。片手がふさがっている状況でも素早く開閉ができるので、多くの場面で助けられました。

Amazonをみてると、最近は安い自動開閉傘も出回っており、心惹かれるものがありますが、強度がちょっと心配なので今回も「totes」に落ち着きました。

例えば、以下の傘はなんと2,000円です。 

f:id:justyle:20180628224204j:plain

折りたたみ傘をメインにするには、それなりの強度と大きさが必要です。今回購入したのは、傘を開いた時の直径が108cmで、親骨が8本あるタイプです。

これまで使っていた傘とほぼ同じ仕様なので、やはり安心できます。

f:id:justyle:20180628224211j:plain

色と柄は好みのものがあまりなく、選べませんでしたが、今回はブルーにしました。

f:id:justyle:20180628231154p:plain

f:id:justyle:20180628224210j:plain

手元には、滑り止めのくぼみとブルーの曲線がデザインされています。

f:id:justyle:20180628224209j:plain

頭の部分には、「totes」のロゴがさりげなく控え目にデザインされていました。

f:id:justyle:20180628224205j:plain

これまで使っていた傘と並べてみました。大きさと強度はほぼ同じ仕様ですが、今回購入した傘は残念ながら重く長くなっています。

確かに手元の部分が小さくて持ちづらかったのですが、撮れるカメラバッグへの収納を考えると、ちょっとキツイ(でもギリギリ入りました!)。

f:id:justyle:20180628224212j:plain

先端のパーツもメタリック塗装(?)になりました。

f:id:justyle:20180628224206j:plain

どれくらい重くなったのか実測してみました。

これまで使っていた「totes」の傘は、308gです。

f:id:justyle:20180628224207j:plain

新しく購入した方は409g。カタログ値が410gとなっているので、ほぼその通りの結果になりました。

約100gも重くなっているのは、ちょっとショックでしたが、流石に旧モデルは入手困難なので、泣く泣く新モデルにしました。

f:id:justyle:20180628224208j:plain

大きく長くなった手元は、持ちやすくなっているのでよしとしましょう。

長い時間傘をさしていると、古い方は手が痛くなることがあったので、これからはそういったこともないと思います。

f:id:justyle:20180628224213j:plain

親骨はしっかりしており、これまで通り壊れることなく使い続けられるような気がします。

f:id:justyle:20180628224216j:plain

もう一つ「totes」の傘でお気に入りなのは、折りたたんだ傘を束ねるベルトのパーツが幅広であること。これも一度使ってみると病みつきになり、他の折りたたみ傘に移れなくなってしまうのです。

f:id:justyle:20180628224215j:plain

冒頭で雨の日は嫌いだと書きましたが、新しい傘を初めて使うときだけは例外ですね。

早くこの新しい折りたたみ傘を使ってみたいです。

一回り小さいサイズもあります。

逆に一回り大きいサイズもあります。