UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

ECCのCDをiPadで聞くためだけに、I-O DATA製の薄型外付けポータブルDVDドライブ「EX-DVD04W」を購入。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20180422160335j:plain

我が家のPCをアップグレードし続けた結果、CDやDVDなどを読み取るための装置が自宅のパソコンについていません。

しかしながら、急遽CDを聞く必要性が生じたためポータブルDVDを購入することになったわけです。

f:id:justyle:20180422160347j:plain

それは娘が通っているECCのCD教材。これは盲点でした。これまではCDの中身をMacで取り込んで、iPadにダウンロードして学習に使っていたのですが、iMacに買い換えてからDVDドライブがなくなってしまったのです。

futurevision.hatenablog.com

f:id:justyle:20180422160336j:plain

購入したのは安心の国内メーカーであるアイオーデータ機器製のポータブルDVDドライブです。

f:id:justyle:20180422160337j:plain

スクエアでシンプルなデザインが好印象です。

ここまでシンプルにするなら、表面の後ろについているロゴもホワイトにするなど、こだわってほしかったところです。

f:id:justyle:20180422160342j:plain

色は、ブラックとホワイトがありましたが、iMacと並べた時の印象を考えてホワイトにしました。Magic KeyboardやMagic Mouse、Magic Trackpadがホワイトなんですよね。

f:id:justyle:20180422160339j:plain

価格は、税込で2,780円。中華メーカー品が、2,000〜3,000円代でひしめき合っているなか、頑張っている方だと思います。

レビュー記事を読んでいると、中華メーカー品は粗悪なパーツが使われている可能性もあるようです。

f:id:justyle:20180422160340j:plain

DVD-Rなどへのデータの書き込みや読み出しのリスクを考えると、数百円ケチるところではないと思います。

f:id:justyle:20180422160338j:plain

表面はツヤツヤ加工となっており、埃がつきやすいのは難点です。

f:id:justyle:20180422160341j:plain

本製品はUSB 3.0対応です。そろそろ、USB Type Cにしてもよかったのですが、iMacで使う限りは、特に大きな問題ではないので、USB 3.0タイプにしておきました。

本体との接続端子は、薄型化のせいか、USB 3.0 Micro Bを採用しています。

f:id:justyle:20180422160344j:plain

ドライブをiMacに接続するだけで認識され、正面のスイッチを押すと、トレイが排出されます。

f:id:justyle:20180422160345j:plain

飛び出るのはこれくらいですね。

f:id:justyle:20180422160343j:plain

ディスクを入れるためには、手でここまで引き出す必要があります。

乱暴に扱うと壊れそうなので、CDのセッティングは慎重に行いましょう。

f:id:justyle:20180422160353j:plain

CDをセットして、トレイを押し込めば、自動で読み取りを始めます。

ここから先は、iTunesを使ったCDの読み取りについて説明しています。

f:id:justyle:20180422160352j:plain

CDをセットすると、インターネットからCDに収録されている曲(音声データ)のデータ(タイトル情報)を自動でダウンロードして表示してくれます。

次に、画面右上にあるグレーの「インポート」ボタンをクリックすると、上のような「読み込み設定」画面が現れるので、設定を確認して「OK」ボタンをクリックします。

f:id:justyle:20180422160346j:plain

すると、1曲目から順番にパソコンに取り込まれていきます。

その間に、CDのカバー写真のデータを準備します(iTunesでは、アルバムアートワークを呼んでいます)

f:id:justyle:20180422174945j:plain

私は、多機能プリンターのスキャナ機能でデータ化しました。

f:id:justyle:20180422160348j:plain

パソコンに取り込んだ、画像データを右クリックして「プレビュー」アプリで開きます。

f:id:justyle:20180422160349j:plain

余分な部分をトリミング機能を使ってカットします。

f:id:justyle:20180422160350j:plain

最後に回転させて上書き保存すれば完成です。

f:id:justyle:20180422162648p:plain

次に、iTunesに取り込んだCDのデータを探して表示します(タイトルで検索するとよいでしょう)。

「♫」マークのついた大きなアイコンを右クリックして、「アルバムの情報」を選択すると、小ウィンドウが現れます。

「アートワーク」のタブを選んで、「アルバムアートワーク」エリアに、先ほどスキャンして準備した画像をドラッグ&ドロップすればOKです。

iTunesに画像が表示されたら「OK」ボタンをクリックして、ウィンドウを閉じます。

f:id:justyle:20180422162835p:plain

無事、アルバムアートワークに画像が登録されました。

ここまでくれば、他の曲と同じように、iPadに転送すればいつでも、iPadで英語学習できます。

ブラックもカッコいいですよね。