UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

3000円のアクションカメラとモバイルバッテリーの組み合わせで2〜3時間連続録画できた。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20180401220356j:plain

毎日花粉症で鼻水垂れっぱなしのSUPER_UPDATERです。

鼻の穴にティッシュを丸めて突っ込み、マスクで覆い隠して過ごしています。

f:id:justyle:20180401220358j:plain

今回購入したのはアクションカメラです。人生で3度目になりますが、コストパフォーマンス最優先で選びました。

f:id:justyle:20180401222950p:plain

悩みに悩んで探したのはこちらのカメラです。たまたまAmazonのタイムセールで、2,999円(税込)だったので、ダメもとでポチりました。

 

f:id:justyle:20180401220359j:plain

今、Amazonをちょっと探すだけでも、10,000円以下のアクションカメラがゴロゴロしています。

数年前には考えられなかった状況ですよね。一部のマニア向けのカメラだったアクションカメラが一気に身近になったのではないでしょうか。

f:id:justyle:20180401220400j:plain

さて今回買ったアクションカメラの目的は仕事での活用です。

2〜3時間程度の屋内イベントの様子を記録する必要があり、なるべく予算をかけずにできる方法を探していました。

f:id:justyle:20180401220401j:plain

いろいろ調べた結果、低価格のアクションカメラが軽くてコンパクトなので、候補に上がりました。

本製品にはたくさんの付属パーツがついていましたが、ほとんど使いません。もったいない感じはするのですが、約3,000円ということを考えたら痛くもかゆくもないですね。

f:id:justyle:20180401220402j:plain

購入にあたり、不安だったのが、長時間撮影できるのかどうかです。

f:id:justyle:20180401220405j:plain

バッテリーは1個のみで、最大録画時間は1.5時間と書かれていました。

f:id:justyle:20180401220403j:plain

バッテリーの容量は900mAhです。

バッテリーが2個付属するアクションカメラも売られていましたが、連続して長時間録画することを考えた場合、バッテリー交換よりもモバイルバッテリーなどで給電しながら録画できた方が便利です。

f:id:justyle:20180401220404j:plain

実際、2〜3時間は録画する必要がありますし、設置場所も様々なので、モバイルバッテリーで給電しながら録画する必要があります。

f:id:justyle:20180401220407j:plain

さらに、長時間録画となるとデータのサイズも気になります。

本製品は、本体の側面にmicro SDカードを直挿しするタイプでした。

f:id:justyle:20180401220408j:plain

取り出す際には、micro SDカードを爪などで押し込むと飛び出るようになっています。Class10以上で4GBから32GBまでの容量に対応しているようです。

f:id:justyle:20180401220409j:plain

映像サイズは、以下の3つから選べます。

  • [1080P] 1920 x 1080
  • [720P] 1280 x 720
  • [VGA] 640 x 480

f:id:justyle:20180401220410j:plain

実際に使ってみて気づいたのですが、録画中は、正面と上部のランプが赤色に点滅するので、遠くから見ても動作中かどうかわかるので地味に便利です。

f:id:justyle:20180401220412j:plain

それから、気になっていたモバイルバッテリーでの運用ですが、

f:id:justyle:20180401220413j:plain

バッチリできました!

f:id:justyle:20180401220415j:plain

さらにリモコンが付属しているので、カメラから離れた場所からもさりげなく録画をスタートさせることができます。

この時、正面のランプが点滅するので安心できます。

f:id:justyle:20180401220416j:plain

録画したデータをPCに取り込む方法としては、2通りあります。

  • SDカードアダプタを利用
  • microUSBケーブルを利用

microUSBをカメラ本体に挿したままPCに接続すると、起動音がした後、上の写真のような画面が出てくるので、「Mass Storage」を選択した状態で本体上部のボタンを押します。

f:id:justyle:20180401220417j:plain

すると、ファインダー(Mac)やエクスプローラ(Windows)で直接ファイルを閲覧することができます。

ファイル形式は、「avi」でした。

f:id:justyle:20180401230353p:plain

長時間録画したデータを見てみると、4.29GB毎にファイルが生成されるようです。

時間でみると、約24分となっていました(映像サイズは720Pです)。

32GBのmicroSDカードで、3時間弱撮影できる計算になります(モバイルバッテリーで給電が必要)。

できれば、1080Pで記録を残しておきたいところですが、データサイズが増えてしまうので、実用的ではありません。

ダメもとで、64GBのmicroSDカードを挿してみましたが、録画ができませんでした。

f:id:justyle:20180401220411j:plain

私はまだ試していませんが、Amazonにレビュー投稿して、指定の宛先にスクリーンショットを送ると、無料でアクセサリーがもらえるようです。これはお得ですね。