UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

パネルヒーターの消し忘れ等にぴったり!消し忘れ防止に便利なプログラムタイマーがなんと570円。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20171203135957j:plain

時々、自室のパネルヒーターを付けっ放しにして忘れてしまうことがあるSUPER_UPDATERです。

そこで見つけたのが、こちらの「24時間プログラムタイマーII」です。「II」というのがバージョンアップ感があっていいですね。

しかも、税込570円なので手軽に買えちゃうんです。

Amazonの評価も高く、「防犯用品」カテゴリでベストセラー1位にもなっています。

f:id:justyle:20171203174712p:plain

f:id:justyle:20171203135958j:plain

あらためて本商品のコンセプトを一言でいうと、

24時間を15分単位で何回でも、毎日自動的に電気器具の電源を「入/切」にする商品となります。

f:id:justyle:20171203135959j:plain

こちらがそのプログラムタイマーです。

実にアナログな仕組みになっており、一番外側の白と水色が交互に並んでいるパーツが、24時間を15分単位に分けたものになっており、それらのパーツを上げたり下げたりして電気器具への給電を制御(入/切)するのです。

f:id:justyle:20171203140000j:plain

サイズはこの通り、手のひらサイズですが、初めてみた印象は「思ったよりも大きいな」でした。

従来のキッチンタイマーをイメージしていたからかもしれません。

f:id:justyle:20171203140001j:plain

厚みもそこそこあります。

f:id:justyle:20171203140002j:plain

側面にあるスライドスイッチで、常時通電モードを選ぶこともできます。この場合は、前面のダイヤル設定に関わらず電気器具への給電が常時行われます。

f:id:justyle:20171203140003j:plain

使用できる電気機器は以下の通り。

  • ヒーター使用器具 1500W以下:電気ポット、電気カーペット、便座など
  • トランス使用器具 750W以下:テレビ、ステレオ、AV機器など
  • モーター使用器具 400W以下:扇風機、換気扇、ポンプなど
  • 照明器具 750W以下:蛍光灯、イルミネーションなど

エアコンやクーラーには使えません。

契約電力会社の電源周波数に合わせて、本体裏面のスイッチを切り替えて使います。

  • 東京電力・東北電力・北海道電力→ 50Hz
  • 中部電力・関西電力・四国電力・九州電力→ 60Hz

f:id:justyle:20171203140004j:plain

実際の使い方ですが、例えば、18時から3時まで電気機器をオンにしたい場合は、上の写真のように、外側の駒(パーツ)をぐっと押し下げます。

そして、時計回りにダイヤル全体を回して、現在時刻マーク(矢印)を現在時刻(外側の数字が24時間に相当)に合わせます。

f:id:justyle:20171203140005j:plain

コンセントに差すと上の写真のようになります。上のコンセント穴も別の電気機器のプラグを差し込んで使うことができます。

プログラムタイマー本体下部に、制御したい電気器具のプラグを差し込みます。

上の写真では、電源オンに設定した時刻と現在時刻が異なるため本体左下にあるランプが消えています。

f:id:justyle:20171203140006j:plain

同じ状態で、側面のスライドスイッチを「常時通電」にすると左下のランプがオレンジ色に光りました。

この状態だと、設定時刻に関わらず電気器具を使うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パネルヒーターのような製品でタイマーが付いていない場合、電源のオンオフが見た目で分からないため、ついつい消し忘れてしまうことがあります。

本商品を使うことで、ついうっかりしても勝手に電源が切れているので安心です。

製品としての見栄えは決してかっこいいものではありませんが、値段も安いので1家に1台いかがでしょう。以下のような用途にも使えます。

f:id:justyle:20171203181959p:plain