UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

Y!mobileへの乗り換えで、iPhone SE(32GB)をなんと!13,500円でゲット。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20170822142925j:plain

約一年半、格安SIMのFREETELを使い続けていたSUPER_UPDATERです。

詳しくは以下の記事でも書いています。 

futurevision.hatenablog.com

 

FREETELが使えない

いつからか忘れましたが、FREETELに接続されたiPhoneにノートPCをテザリングで繋げて仕事をしている際に遅いなぁと感じるようになりました。
それがここ数か月は、動画とかじゃなくてもスマホを普通に使っていても遅いと感じるようになったのです。
調べてみると、FREETELには色々問題があるようですし、ユーザー数の増加によってサービス開始当初のようなスピードは出ていないようです(以前は混雑する時間帯でもスピード低下が少ない格安SIMというイメージがありました)。

futurevision.hatenablog.com

実際に、スピードテストを色々な場所でやってみると時間帯によってバラツキはありますが、1Mbpsもでていない時がざらにありました。

他の格安SIMもいまいち

このままではもう我慢が出来ないということで、他の格安SIMへの移行を検討しはじめたのが約2ヶ月前です。
ネットの情報では、LINEモバイルが爆速だということで狙いを定めていたのですが、ここ最近はユーザー数の増加が原因で速度の低下がみられるようです。

LINEのブランド力、ネームバリューを考えると、これから先もユーザー数の増加が見込まれるので、先々のことを考えると不安が残ります。

もはや格安SIMは、低速SIMといってもよいほどで、サービス開始時にいくら速くても、あっという間にユーザーが増えて遅くなってしまうものなのです。

格安SIM群と3大キャリアの中間がある

そこで、目をつけたのが、UQモバイルとY!mobile(ワイモバイル)です。

UQモバイルはau回線を使うUQコミュニケーションズという会社が提供するサービスで、Y!mobileは今やSoftbankが提供するサブブランド的なサービスとなっており、なんとSoftbank回線と旧EMOBILE回線の両方を使っているのです。

どちらも格安SIMに比べると爆速でかつスピードも安定していると評判のサービスとなっています。その代わり、通信料金は格安SIMに比べると高めです(格安SIMと3大キャリアの中間くらい)。

Y!moblieがいい感じ

私はこれまでSIMフリーのiPhone 7にFREETELのSIMを挿して使っていました。

さらにノートPCで仕事をすることを考えるとテザリングが使えることが必須の条件となります。

UQモバイルはテザリングが使えないので、必然的にY!mobile一択になりました。

Y!mobileも以前はテザリングできなかったようですが、最近iPhoneのテザリングに対応したのです。

f:id:justyle:20170822220457j:image

次にY!mobileの料金プランからどのプランを選択するかという話ですが、基本的にY!mobileのスマホプランはS/M/Lの3つしかありません。

f:id:justyle:20170808064025p:plain

現在、新規・他社からの乗り換えでデータ容量が2年間倍増するキャンペーンをやっています。

今までの経験で、月に約3〜5GB程度のデータ通信を行なっていることは分かっていましたので、迷わずプランMにすることにしました。2年間は毎月6GBまで使えます。

f:id:justyle:20170808061822p:plain

FREETELからY!mobileへの移行手順

Y!mobileへの移行手順は以下の通りです。

f:id:justyle:20170808065254p:plain

f:id:justyle:20170808065306p:plain

MNP・番号移行|新規契約・機種変更・解約・MNP・番号移行|サポート|Y!mobile(ワイモバイル)

私は自宅近くの量販店でY!mobileへMNPしようとしたのですが、FREETELの場合、MNP予約番号を発行するまで最短でも3日もかかると言われました。

そこで、Y!mobileのSIMカードの取置きをお店にお願いして、FREETELのユーザーページからMNP予約番号の発行処理だけをしてお店を後にしました。

お店の方の話によると、MNP予約番号を即日発行できないのは格安SIMでは一般的らしいです。

3日も待つのかぁと思っていたところ、なんと翌日にはFREETELからMNP予約番号発行のメールがきました。

iPhone SE(32GB)を13,500円でゲット

改めてY!mobileについて調べていたところ、今なら初期費用540円、月々540円×2年間でiPhone SE(32GB)を運用できるという記事を発見。

実際に、Y!mobileのサイトでシミュレーションしてみると以下のようになり本当にネットで見た記事の通りでした。

Y!mobile オンラインストア - 料金シミュレーション

f:id:justyle:20170808061319p:plain

購入時の支払い額はたったの540円で、月々の支払い額は通常の「スマホプランMの3,980円+消費税」(4,298円)ー1,080円(1年間のワンキュッパ割、翌月から)=3,218円(税込)です。

これに加えて、iPhone SEの24回分割払いの2,700円が上乗せされますが、月額割引として毎月2,160円が差し引かれるため2,700円ー2,160円=540円が毎月の返済額(翌月から)となり、3,218円に上乗せした金額(3,758円)が月々の支払額になります(1年間)。

つまり、iPhone SEの購入価格は実質、540円+540円×24回=13,500円となるんです。

各店舗独自のキャンペーンではなく、Y!moblieの公式キャンペーンのため、どこのお店で買っても公式オンラインストアで買っても適用されるのです。

オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

iPhone SE(32GB)は新品で買うと最低でも4万円以上はします。それが1万円そこそこで入手できるなら、これはもうiPhone SEをセットで契約しY!mobileへMNPすることにしました。

SIMカードがiPhone 7で使えない

これはY!mobileにMNPしてからわかったことですが、なんとY!mobileには、Y!mobile端末専用のSIMカードとSIMフリー端末専用のSIMカードが存在していたのです。

今回ゲットしたSIMカードはY!mobileのiPhone専用のSIMカードで、型番が「n141」というものになります。

f:id:justyle:20170822134824j:plain

これにはやられました。というのも、今回iPhone SEと一緒にゲットしたSIMカードはSIMフリーのiPhone 7に挿して使うことを想定していたのですが、そのままでは使えないことが判明したからです。

もう少し詳しくいうと、Y!mobileのSIMカードを、契約したiPhone SEで使うには「APN構成プロファイル」というものをインストールする必要がありますが、この「APN構成プロファイル」がY!mobile端末専用になっているのです。

本来、SIMカードを単体契約(n141とは別の型番になる)すればSIMフリーのiPhoneでも問題なく使えたのですが、n141をSIMフリーの端末で使うことをY!mobileが許可していないのです(公式サイトからAPN構成プロファイルをダウンロードできない)。

まさか!と思いましたが後の祭り。

お店ではiPhone SEでの動作検証が済んでいますので、最悪2年間iPhone SEを使い続けるという手もありますが、iPhone 7からSEに戻ることなんてできませんよね。さて困りました。

APN構成プロファイルがみつかる

ネットで調べてみると、「n141」をSIMフリーiPhoneで使うためのAPN構成プロファイルを公開しているサイトがありました。

まるで暗闇の先に一筋の光を見たような気持ちになりました。これでiPhone 7が使えるようになるかもしれないと。 

APNショップ

Wi-Fiに接続したiPhone 7から上記サイトにアクセスして、構成プロファイルをダウンロードします(事前にFREETELの構成プロファイルは削除)。※動作は保証できませんので自己責任でお願いします。

f:id:justyle:20170822135503j:plain

しばらくすると、iPhone 7の画面左上に「Softbank」の文字が表示され、電波をキャッチし始めました。

「やったー」と心の中で叫びました。iPhone 7が無駄にならずにすみます。

ただし、今後発売されるiPhone 8?以降でも問題なく使えるかどうかは不明だというのが気がかりです。

iPhone SEのSIMロック解除について

これで無事iPhone SEもゲットでき、iPhone 7にてY!mobileでの通信ができるようになりました。

f:id:justyle:20170822134039j:plain

iPhone SEの本体カラーはシルバーがよかったのですが、シルバーのみ在庫がなくてスペースグレーになってしまいまいました。

f:id:justyle:20170822134027j:plain

ちなみに、Y!mobileで購入したiPhoneのSIMロック解除を行う場合、購入日(当社システムにて記録されている販売日等)より101日目以降に可能となります。 

店頭での解除には、3,000円かかりますが、My Y!mobileから行うと0円でできます。

SIMロック解除のお手続き|契約内容の確認・変更|サポート|Y!mobile(ワイモバイル)

2年間データ容量2倍キャンペーンの注意点

このキャンペーンにつられて申し込む方が多数いらっしゃると思いますが、単純にデータ容量が2倍になるわけではありませんでした。

今回、Y!mobileへMNPする手続きの最中にスタッフから説明を受けて知りました。

f:id:justyle:20170822140505p:plain

仕組みとしては、サイトにも書かれていますが、基本プランS/M/Lの各容量を使い切ると普通に速度制限されるようです。勝手にデータ容量を2倍にしてくれるわけではなかったのです。

そこで、通常は元の快適な速度に戻す際、500MB毎に500円かかるのですが、この追加料金を割り引くというキャンペーンだったんですね。ややこしい。

例えば、私が契約したスマホプランMの場合は、もともと3GBなので、3GB+3GB=6GB使えるようになるはずですが、追加の3GBを使う場合には500GB×6回の申し込みが必要なんです。

しかもこのキャンペーン、申し込み月には適用されないんです。翌月からなんです!

通常速度に戻すのはMy Y!mobileのサイトからできますし、自動で6回分とか設定することもできるそうなので、適用月以降は6回の自動設定にしておくことであたかも毎月6GBを自由に使えるようにはなります。

これを知らずに使っていると、毎月2倍の容量があると思いながら、あっという間に通信制限を食らって「あれ〜?もう使い切ってしまったのか」なんて我慢することになります。

まとめ

いやもう、Y!mobile快適です!FREETELとは別次元です。

今月はデータ容量が3GBしかないのでちょっとやりくりが大変です。しかも、通信速度が早いとついついあれもこれもと見てしまうので、その分余計に通信量を使ってしまいそうです。

低速な格安SIMに我慢できなくなってきた方、ぜひY!mobileへのMNPをご検討ください。