UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

妻のMacBook Pro 2009に入れてた120GBのSSDを、480GBにアップデートしました。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20170501082324j:plain

ITリテラシーの低い妻が使っているノートPCのメンテナンス担当をしていますSUPER_UPDATERです。

妻のノートPCは13インチのMacBook Pro(13-inch, Mid 2009)で、色々カスタマイズしています。

本体は2009年のモデルですが、メインドライブを120GBのSSDに換装しているため、とてもキビキビ動いております。

さらに、光学ドライブを外した場所に、写真データやメインドライブのバックアップ用のサブドライブとして1TBのハイブリッドHDDを入れています。

f:id:justyle:20170501083004j:plain

そんな中、メインドライブの残容量が減ってきたため、近いうちに妻のiPhoneの同期ができなくなりそうなのでメインドライブのアップデートをすることにしました。

f:id:justyle:20170501082327j:plain

f:id:justyle:20170501083005j:plain

そこでゲットしたのが、SanDisk製の480GB SSDです。約15,000円でしたのでSSDも随分安くなりました。

f:id:justyle:20170501082330j:plain

購入したSSD480は、上の写真のように外付け用のケース(別売りです)に入れます。

f:id:justyle:20170501082329j:plain

交換方法はざっくりいうと、

  1. MacBook本体にUSBケーブルで購入したSSD480を接続
  2. MacBook本体のSSD120→外付けSSD480にデータを丸ごと復元(コピー)
  3. MacBook本体を分解して、SSDを交換

以上です。

f:id:justyle:20170505052540j:plain

詳しいやり方は他の人のブログなどを検索してみてください。

外付けケースに入れたSSD480とMacbook Proとの接続はUSB3.0ですが、MacBookがUSB3.0に対応していないためデータのコピーに約1時間くらいかかりました。

f:id:justyle:20170501082331j:plain

上の写真はこれまで使っていたIntel製のSSDと、新しく購入したSanDiskのSSDです。どちらも本当に軽くてびっくりです。

f:id:justyle:20170501082332j:plain

わずかながら本体の軽量化にも貢献していますね。

f:id:justyle:20170501113712p:plain

上のキャプチャ画像は使用前です。メインドライブ 空き容量は36.35GBとなっています。

f:id:justyle:20170501113721p:plain

こちらが使用後ですが、メインドライブの空き容量が10倍以上の397GBとなっています。

これで妻のMacBook Proも容量的にはしばらく安泰です。

妻のノートPCのように、古いMacBookならHDDを簡単に交換することができます。

最近は大容量のSSDも安くなってきたので、本体を買い換えるくらいならHDD→SDD換装へのアップデートを強くオススメしますよ。