読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

iPhone 7 シルバーを購入してみて分かった、パッケージに施されたアップルのこだわりなど。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20160917211415p:plain

「これが、7。」ということで、昨日新しいiPhoneが発売されましたね。

事前予約分は完売ということで、しばらく入手はできないかと諦めていたのですが、今朝、何気なくAppleのサイトを見ると、「在庫あり」となっていたので、速攻で予約しました。

 

iPhone 7を当日の朝予約する

店頭受け取りできる方なら、毎朝8時にこちらのサイトをチェックすると当日の在庫をゲットできるかもです。

ただし数はそれほど多くはないようなので、人気のジェットブラックが欲しい方は、8時少し前から画面をリロードしながら待つとよいでしょう。

今朝私が見た時には、各カラー各容量で在庫があったようですが、ジェットブラックは真っ先になくなりました。

f:id:justyle:20160917195555j:plain

そんなわけで、無事ゲットしてきたiPhone 7です。アップルストアで購入するメリットは、このアップルの巾着袋がもれなく付いてくることです。

旅行に行った時に、アメニティグッズなどを入れるとちょっとだけいい気分になれるのはアップルファンだけでしょう。

 

f:id:justyle:20160917195556j:plain

購入したのは、iPhone 7のシルバーです。今回のiPhoneでは、ブラックとジェットブラックという新色が発表されましたが、私は迷わずシルバー一択で決めました。

実は店頭で初めてブラックを見た際に、少しだけ心が揺らぎました。マットなブラックはかっこよかったです。

 

f:id:justyle:20160917195558j:plain

アップルストアには予約時間の少し前に着いたのですが、お店の前に行列ができていたので、少しでも早くゲットして帰りたかったので、すぐに並びました。

でも、そこからが長かった〜。予約時間を過ぎても、列が全く進まないんです。先頭から5番目くらいだったのですが、30分待っても2人くらいしかお呼びがかからない。

足腰は痛くなるわ、暑くて喉はカラカラになるわで、いつまで待つんだろうと。。本当に辛かった。

結果的に1時間近く待たされて、自分の番が回ってきました。私はSIMフリー版だったので、スタッフの方に予約メールを見せて、クレジットカードで支払うだけでした。購入手続き自体は、10分くらいで済んだのんですが、あの受け入れプロセスはどうにかして欲しいものです。

 

iPhone 6sとiPhone 7の箱を比較する

f:id:justyle:20160917195559j:plain

箱を開ける前に、購入したiPhone 7の箱と、iPhone 6sの箱を比べてみました。

アップルストアで実物をチェックした時に気付いたのですが、iPhone 7本体裏面のロゴがぼてっとした感じになったんですよね。細字に見慣れていたので、一瞬偽物のiPhoneかと思ったくらいです。

 

f:id:justyle:20160917195600j:plain

側面のアップルロゴも雰囲気が違います。こちらはiPhone 7の方が、メタリック感があり高級感を感じます。

 

f:id:justyle:20160917195601j:plain

天面のデザインも違いますね。今回はiPhone 7で大きく変わった、裏面のデザインを強調したデザインとなっています(右側)。

 

f:id:justyle:20160917195602j:plain

箱の高さは、iPhone 7の方がやや高くなっています。同梱品が1つ増えたからでしょうか。

 

f:id:justyle:20160917195557j:plain

容量は、64GBがなくなったため、128GB一択です。動画をいっぱい撮れそうです。

 

iPhone 7、開封の儀

f:id:justyle:20160917195603j:plain

箱を見て真っ先に気付いたのが、保護フイルムの変化です。ハリのある素材に変わりました。それから、最初に指で持ってめくるところに目印として描かれた「黄緑色の矢印」。このデザインは一昨年のApple Watchに採用されていたものと同じですね。

 

f:id:justyle:20160917195604j:plain

フイルムの外し方もきちんとデザインされており、常にその時点でできるベストを尽くすアップルのこだわりを感じます。

 

f:id:justyle:20160917195605j:plain

保護フィルムがぱらっと開く。この動きが美しくて気持ちがいい。

 

f:id:justyle:20160917195606j:plain

まるで脱皮した皮のよう。

 

f:id:justyle:20160917195608j:plain

フタを開けると、iPhone 7ではなく、まず説明書やシールなどが入った薄っぺらい紙の箱が現れました。

いつもはiPhone本体が現れるはずですが、箱の厚みを抑えるためか、構造が変更されています。外箱の表面に裏面のデザインを採用したことともリンクしていそうです。アップルのデザインには1つひとつ考え尽くされた理由があると思うので、このような謎解きも楽しいものです。

 

f:id:justyle:20160917195612j:plain

本体を持ち上げると、その下に、イヤホンとACアダプタが現れました。

 

f:id:justyle:20160917195611j:plain

iPhoneの下に入っているはずのLightningケーブルは、イヤホンの下にありました。

 

f:id:justyle:20160917195610j:plain

イヤホンの裏側には、噂の「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が張り付いていました。ちなみに、このアダプタは1000円くらいで買えます。

 

 

f:id:justyle:20160917195609j:plain

イヤホン部分ですが、まるで今回のiPhone 7と一緒に発表されたAirPodを想起させるかのような、パッケージングがされていました。

f:id:justyle:20160917220419p:plain

まるで、アップルがワイヤレスの世界へ誘っているかのように感じたのは、私だけでしょうか。

イヤホンとACアダプタは今回も使う予定がないので、そのまま箱に戻します。

 

f:id:justyle:20160917195614j:plain

説明書などを入れる薄い紙の箱も今回デザインが見直されました。こちらのデザインもApple Watchに採用された方法に合わせた感じですね。所々に使われている黄緑色が説明書などのキーカラー(ユーザーのタッチポイント?)になっていくようです。

 

f:id:justyle:20160917195613j:plain

中身はこんな感じです。これらも使わないのでそのまま箱に戻します。

 

iPhone 6s と iPhone 7 の本体を比較

f:id:justyle:20160917195615j:plain

次に、本体についてもせっかくなのでiPhone 6sと比較してみたいと思います。正面から見ると、ほとんど違いがありません。ちなみに、右がiPhone 6sです。

 

f:id:justyle:20160917195617j:plain

裏面を見れば、その違いは一目瞭然。iPhone 7の方が圧倒的にすっきりしていますが、逆に言えば、iPhoneらしさがなくなったとも言えます。側面にはアンテナのラインが残っていますが、ケースに入れるとほぼ見えなくなるでしょう。

iPhone 6/6s はカメラレンズの位置がデザイン的にイマイチでしたが、Dラインがなくなり、レンズの位置も違和感のない場所に移動したようです。

最初に書いたようにiPhoneのロゴが、7になって太字になりました。見慣れるまではダサく見えそうです(細くなった時も最初はバランスが悪くてダサく見えました)。

 

f:id:justyle:20160917195619j:plain

ロゴ周りもスッキリしています。でも実はロゴの下の小さな文字の中に漢字が混じっているんですよね。しかも、「総務省指定」って。賛否両論あるそうですが、法律で決められているのだそうです。ちょっと気になりますが、きっと最初だけでしょう。。

nlab.itmedia.co.jp

 

f:id:justyle:20160917195620j:plain

iPhone 6sにあった各種ロゴについては、法律が変わったのかわかりませんが、iPhone 7では印刷しなくてもよくなったんですね。

 

f:id:justyle:20160917195621j:plain

そして、カメラレンズのサイズが大きく変わっています。これ実際に比較してみるまで、こんなに大きく差があるとは思いませんでした。レンズが大きくなると単純にレンズに取り込むことができる光の量が増え、暗い場所での写真の画質向上が期待できるんです。外からは分かりませんが、レンズの枚数も5枚から6枚に増えているそうです。これはちょっと楽しみですね。

 

f:id:justyle:20160917195622j:plain

SIMトレイを出してみたところ、こちらにも小さな変化がありました。

 

f:id:justyle:20160917195623j:plain

iPhone 6sのものと比較すると、一目瞭然。iPhone 7のSIMトレイには黒いゴムのようなものがついています。おそらく耐水性能を高めるためでしょう。 iPhone 7ではIP67の防水/防塵性能になっています。

 

Lightningケーブルのパッケージがすごい

f:id:justyle:20160917195625j:plain

今回、Lightningケーブルのパッケージング方法が大きく変わりました。これまでの方法だと、スペースに無駄が多いため、「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」のスペースを確保するために変更されたのでしょう。

 

f:id:justyle:20160917195626j:plain

なんと、USB端子の先に紙がくっついているように見えます。ちょっと引っ張っただけでは取れません。最初は粘着性のものでくっついているのかと思いましたが、よく見るとそうではないようです。

 

f:id:justyle:20160917195628j:plain

まず、ぐるぐる巻かれたLightningケーブルを保持している紙を剥がします。丸くなった取っ手部分をめくると比較的簡単に外れます。しっかりと接着されているというよりかは、ややネバっと外れる感じです。外れた箇所を押さえればまたくっつきそうな感じでした。

 

f:id:justyle:20160917195629j:plain

反対側も同じように外して、最後にUSB端子を再び持ち上げて紙を引っ張ってみると、、なんということでしょう。USB端子の中に、折った紙が詰め込まれているんです。

 

f:id:justyle:20160917195630j:plain

これには本当にびっくりしました。かつて、USB端子の隙間に紙を折って入れたメーカーはあるでしょうか。コストを抑えつつ?開封の儀を楽しませてくれるアップルに拍手を送りたいと思います。

 

f:id:justyle:20160917195631j:plain

綺麗に外れましたが、来年、ヤフオクで売る際に元に戻す自信がありません。

 

f:id:justyle:20160917195632j:plain

ちなみに、今回新色のブラック/ジェットブラックを購入しなかった理由はこちらの写真を見ればおわかりいただけるかと思います。なんだかんだと、ホワイトカラーで統一してきているんですよね。

 

iPhoneはシルバーを買うべし

f:id:justyle:20160917225246p:plain

もう一つシルバーを買う理由は、シルバー&ホワイトはアップルの象徴だと思うからです。PC全盛の時代から今まで、他のほとんどのPCメーカーのACアダプターは真っ黒ですが、アップルだけは、我が道を行くかのように、ずっとホワイトです。ベストセラーのMacBookはシルバーですし、みんなの記憶にあるiPodも白です。

そして先月になってこんな記事を見かけました。

trendy.nikkeibp.co.jp

 

f:id:justyle:20160917225255p:plain

どうですか、アップルファンなら黙ってシルバー&ホワイトを選びましょう。上の画像のようにスッキリとしていてクールでしょう。夏も冬もオールシーズンいけますよ。

と言いつつ、来年はブラックを買っていたりして。。。

 

f:id:justyle:20160917225306p:plain

ちなみに、ゴールドやローズゴールドの裏面にあるアンテナラインがホワイトなのは、こうやってみると、逆にアクセントになっているんですね。ずっと、なんでホワイトなんだろう、ダサいなぁと思っていました。

 

f:id:justyle:20160917195633j:plain

ちなみに、MacBookはスペースブラックです^^;(写真でみるとシルバーに見えますが)

さらに言うと、iPad Pro 9.7インチは実はゴールドです^^;

本当は中古のシルバーを狙っていたのですが、ゴールドでよいものがあったので、仕方なくゴールドにしたのです。

 

おまけ

f:id:justyle:20160917195634j:plain

ヨドバシの即日配達で申し込んだケースが、夕方不在のため受け取れなかったので、iPhone 6sのケースを暫定的に使用していますが、この写真からもカメラの位置が大きく変わっていることがわかりますね。

あと、カメラといえば、iPhone 7ではイヤホンジャックが廃止され、スピーカーの数が増えたため、シャッター音が爆音になってます。これじゃあ、室内とか静かな環境で撮影するのを躊躇してしまいます。

せっかくデジカメ並みの性能を手に入れたカメラなのに、気軽にシャッターが切れないなんて、どうかしています。ぜひOSのアップデートか何かで、ボリュームを下げるようにしてほしいですし、もうそろそろシャッター音を発生させるのもやめて欲しいところですが、やっぱり犯罪が増えるのかなぁ。。。

日本はiPhoneのシェアが高いですし、盗撮カメラといわれるようになったらアップルブランドに傷が付きますから、アップルとしても積極的にやりにくいのかな。。。

 

いずれにしても、新しいiPhoneはいいですね。この時期のアップグレードはもう行事化しています。手帳やカレンダーを買い替えるようなものだと思って、気分を新たにできますね。

 

皆さんも、ぜひiPhoneをアップデートしてみませんか?

 

ちなみに、購入したのはこちらのケースです。ストラップ穴付きのケースが欲しいのですが、種類が少ないので、たくさんあって悩むこともあまりありませんね。

Amazonで「iPhone 7 クリア ケース ストラップ」のように検索すれば、大体引っかかります。

レイ・アウト iPhone 7 TPUソフトケース ウルトラクリア/クリア  RT-P12TC3/C

レイ・アウト iPhone 7 TPUソフトケース ウルトラクリア/クリア RT-P12TC3/C