UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

スマホでの写真やビデオ撮影が片手でしっかりできる「三脚穴付きスマホホルダー」に大満足。

スポンサーリンク

スマホを片手で持って撮影したい

f:id:justyle:20160812231802j:plain

近年、スマホの薄型化・大型化に加え狭額縁化により、スマホを片手で持っての撮影が難しくなっています。両手が使えれば問題はありませんが、子育てをしていると片手でスマホを持って撮影したいと思う場面もあるのではないでしょうか。

私もこれまでは、上の写真のようにiPhone 6sを片手で持って撮影していたのですが、手がつりそうになりますし、ちょっと手が滑るとスマホを落っことしてしまいそうでヒヤヒヤします。

私はネックストラップがつけられるケースを使っていますので、誤ってスマホを地面に落とすことはありませんが、手から滑り落ちたスマホがどこかにぶつかって傷つく可能性はあります。

 

スマホホルダーにヒントが

片手撮影で一番困るのがビデオ撮影です。iPhone 6sは綺麗な映像が撮れるので、ズームが不要なら十分ビデオカメラ代わりになりますが、上の写真のような片手での撮影ではかなり不安定です。

そこで目をつけたのが、スマホの自撮り棒などに付いている三脚穴付きのスマホホルダー。

以前購入したスマホ用の自撮り棒は以下の商品ですが、グリップ部が外れるようになっていました。

このグリップ部をスマホにつけたまま持ってみると、片手でもそれなりにスマホをホールドできることに気がついたのです。 

そこで、もっとコンパクトで持ち運びが便利なスマホホルダーを探したところ、よい商品を見つけました。 

それが今回ご紹介する商品です。三脚などのカメラアクセサリーを製造しているVelbonの製品となります。

 

さっそく購入、開封の儀 

調べてみると、他にも似たような形状の安い商品が幾つかあったのですが、長く使うことを考えてしっかりとした作りが期待出来るVelbon製のスマホホルダーにしました。Amazonのカスタマーレビューでもほとんど方が星5つをつけています。

f:id:justyle:20160813161111p:plain

f:id:justyle:20160812231749j:plain

届いた商品はこちらです。

 

f:id:justyle:20160812231750j:plain

パッケージの裏面には使用方法が書かれています。

 

f:id:justyle:20160812231751j:plain

商品はシンプルな構造ですが、噂どおりしっかりとした作りで安心しました。

 

f:id:justyle:20160812231752j:plain

別のアングルからのショットです。

 

f:id:justyle:20160812231753j:plain

一番広い面の裏側にも三脚の穴が付いており、三脚を使う場合に撮影の幅が広がります。

 

スマホのグリップ力をアップデート

f:id:justyle:20160812231755j:plain

さっそくですが、右手でiPhone 6sをグリップすることを考慮して、スマホホルダーをつけてみました。装着方法は簡単です。スマホホルダーを両手で広げてスマホを挟むだけ。適度な力でスマホが固定されます。

 

f:id:justyle:20160812231756j:plain

裏面の様子です。スマホホルダーがiPhone 6sの幅に合わせて伸びていることがわかると思います。

ちなみに、対応するスマートフォン及び携帯電話のサイズは幅56~85mm、厚み10mm以内だそうです。

 

f:id:justyle:20160812231757j:plain

右手で持ってみたところいい感じです。

 

f:id:justyle:20160812231803j:plain

本格的なデジカメに比べたら、グリップ力は中途半端ですが、デザイン重視でグリップ部がフラットなコンデジに比べたら、片手でしっかりホールドできます。

ちなみに、この写真はiPhone 6sをクリアケースに入れていますが、問題なく使えます。

 

f:id:justyle:20160812231754j:plain

撮影する際はこのようにして行います。スマホホルダーの上面にシャッターボタンが欲しくなりますね。

iPhoneの場合、写真のように構えたら、(スリープ状態から)右手親指でホームボタンを押して、右上に表示されるカメラアイコンを右手親指でスライドさせれば撮影スタンバイOKとなります。わざわざロックを解除する必要はありません。しかもすべて片手でできるのです。

iPhoneカメラをすばやく起動する2つの方法 | iPhone | できるネット

 

三脚や自撮り棒にも設置可能

スマホホルダーには2つの三脚穴が付いているので、三脚や自撮り棒に取り付けることで、撮影スタイルを拡張することができます。

本来は三脚に取り付けて使うスタイルがメインだとは思いますが・・・

f:id:justyle:20160812231758j:plain

Amazonでもベストセラーになっているオススメのミニ三脚に取り付けてみました。タイムラプス映像を撮るにはピッタリですね。

 

f:id:justyle:20160812231759j:plain

今回ご紹介したスマホホルダーも、Manfrottoのミニ三脚もミニマムなデザインなので、iPhoneとの相性もピッタリです。

 

f:id:justyle:20160812231800j:plain

三脚を折りたためば、自撮り棒のグリップのような使い方もできます。カバンに余裕があれば、一緒に持ち運びたいアイテムの1つです。

 

f:id:justyle:20160812231801j:plain

本商品は10mmまでの厚みのスマートフォンに対応しているので、最新のスマホなら問題なく使えることでしょう。 

今年発売されたiPhone SEと組み合わせて使えば、最高のコンパクトカメラになるのではないでしょうか? 

あなたもVelbonのスマホホルダーで、スマホのカメラ機能をアップデートしてみませんか?

futurevision.hatenablog.com

 こんな記事も書いています

futurevision.hatenablog.com

 

Velbon 三脚アクセサリー スマートフォンホルダー 392794

Velbon 三脚アクセサリー スマートフォンホルダー 392794