読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

夏のレジャーの必需品!なんとワンタッチ15秒で設営できるサンシェードが素晴らしい。

レビュー レビュー-レジャー用品

スポンサーリンク

f:id:justyle:20160719232325j:plain

そろそろ梅雨も明けて、夏本番ですね。夏が大好きSUPER_UPDATERです。

そんな夏を大満喫するためのアイテムを色々購入中しています。例えば、

futurevision.hatenablog.com

とか、 

futurevision.hatenablog.com

とかです。

そして、今回ご紹介するのが、こちらのサンシェードです。 

なんと、このサンシェードは、

  1. ヒモを引っ張るだけのワンタッチ操作で、15秒設営が可能
  2. 強力なUVカット加工生地を採用し、紫外線からしっかりとお肌を保護
  3. オープンとクローズの2WAY仕様

といった特徴があるんです。

なんといっても、15秒で設営ができるというのがポイント高いと思いませんか?

 

商品レビュー

それでは、商品をレビューしてみたいと思います。

f:id:justyle:20160710155953j:plain

専用の箱に入って届きました。持ち上げてみると思ったよりもズシリときますし、箱自体も想像より大きかったです。

f:id:justyle:20160710155954j:plain

箱から取り出したところです。

f:id:justyle:20160710155955j:plain

手にもつとこんな感じです。分かりますかね?

f:id:justyle:20160710155956j:plain

収納袋は薄くて丈夫そうには見えませんが、ないよりかはマシです。写真右に写っているものは、テントを固定するときに使うペグが6本入っていました。ちなみにペグとは、

テントやタープを張るロープを地面に固定するためのもの。一般的に金属製とプラスチック製があり、地面の土質や固さによっていろいろな種類が用意されている。

ペグ - Wikipedia

 

f:id:justyle:20160710155957j:plain

本体に説明書が縫い付けられているので、出先で組み立て方が分からなくなっても安心です。

f:id:justyle:20160710155958j:plain

丸められたサンシェードが広がらないように固定する黒いベルトは失くしそうなので注意が必要です。

f:id:justyle:20160710155959j:plain

6畳自室で広げようと試みましたが、デスクなどが邪魔して広げられませんでした。想像以上に大きかったです。

 

野外デビュー&レビュー

お天気の良い日に、実際にピクニックに持ち出して使ってみることにしました。

f:id:justyle:20160719231042j:plain

色々荷物が増えたので、ポータブルキャリーカートが大活躍しました。重い荷物を持って、駐車場から離れた場所に移動する時にはとても便利です。

 

f:id:justyle:20160719231043j:plain

子供たちもちょっとだけお手伝いしてくれました。

f:id:justyle:20160719231045j:plain

サンシェードを広げる場所を確保したら、、、

f:id:justyle:20160719231046j:plain

はい、あっという間に完成しちゃいました。本当にヒモを引っ張るだけです。商品レビューにもありますが、ヒモを引く際に強い力が必要なので、女性にはちょっと難しいかもしれません。

f:id:justyle:20160719231053j:plain

テントのてっぺんから出ている2本の紐を左右に引っ張り、上下のパーツがカチッとハマれば完成。

旧タイプよりも改良されているようです。

f:id:justyle:20160724065611p:plain

f:id:justyle:20160719231049j:plain

Helinoxコンフォートチェアもデビューです。食事したりするときは圧倒的に楽ですね。食べた後は横になりたくなるので、次回はクッションを持っていきたいと思いました。

 

f:id:justyle:20160719231050j:plain

森林浴が本当に気持ちがいいです。癒されます。

食べて飲んで寝る!これが幸せ。

f:id:justyle:20160719231054j:plain

このサンシェードには、大型のメッシュ窓が3つも付いていますので、窓を開けておけば風があるときには涼しい風が入ってきます。

f:id:justyle:20160719235356p:plain

f:id:justyle:20160719231047j:plain

開いたシートはヒモでまとめておきます。

f:id:justyle:20160719231055j:plain

サンシェードの天井部分には、ランタンを吊るすフックが付いています。テント内を明るくしたい時には便利ですね。

f:id:justyle:20160719231056j:plain

テントの外側には、砂浜などで便利な砂袋が付いています。砂を入れたり重りを入れてテントを固定します。

f:id:justyle:20160719231057j:plain

サンシェードの入り口部分のシートはダブルジッパー仕様になっており、閉じればお着替えテントとして使用できます。ちなみに、大人一人と子供2人くらいは余裕で入ります。

f:id:justyle:20160719235927p:plain

f:id:justyle:20160719231059j:plain

テントを後ろから見たところです。写真で見る印象よりも、実際にはかなり大きいです。

f:id:justyle:20160719231053j:plain

テントを畳むときは、説明書に従ってやればわかると思います。下のパーツを持って思いっきり下に押し下げるのですが、ちょっとコツが必要でした。

f:id:justyle:20160719231100j:plain

まさに一瞬で、傘を閉じたかのようになります。

各部のサイズは以下のとおりです。参考にしてみてください。

f:id:justyle:20160720000151p:plain

今年の夏は、色々とアイテムを揃えてピクニック三昧したいですね。

あなたも、夏のアウトドアライフをアップデートしてみませんか?