UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

Apple Pencilに隠された秘密に驚愕!本当にプロ仕様の革命的なペンシルだった。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20160514221515p:plain
http://www.apple.com/jp/apple-pencil/

iPad Proのための筆記具として登場したApple Pencilですが、発売当時、iPad ProのLightning端子にApple Pencilの頭の部分を突き刺して充電するスタイルがアップルらしくないと批判されました。

Apple Pencilの充電方法は素晴らしい!?

私自身も最初に見たときにはその間抜けなスタイルに驚きました。

f:id:justyle:20160514222007p:plain
http://www.apple.com/jp/apple-pencil/

しかしながら、実際にiPad ProとApple Pencilを使うようになって、180度考えが変わりました。その充電スタイルこそが、よく考えられた方法であることがわかったのです。

なぜなら、iPad ProとApple Pencilをいざ使おうと思った時、もし仮にApple Pencilのバッテリーが切れていたとしたら何もできませんよね。これビジネスの世界だったらかなり致命的です。今後、iPad ProとApple Pencilが学校教育へも導入が進むとしたらなおさらです。

そんな時、すでに手元にあるiPad Proにたった15秒差し込むだけで、Apple Pencilは30分も使えるのです。これってすごい発想だと思いませんか?他のメーカーでは到底思いつかない素晴らしい発想だと思います。

2つの問題を解決したアップル

ここでアップルは見た目のみではなく、ユーザーの使いやすさを第一に考えたというわけです。アップル製品のデザインはカッコイイとか美しいと言われますが、それは、使いやすさを第一に考えるというこだわりがベースにあるカッコよさだったり、美しさなのです。

Apple PencilとiPad Proを実際に使ってみると、その充電スタイルのおかげでApple Pencilがバッテリー切れになって使えないという場面になることはほとんどありません。Apple Pencilへの充電スピードも驚異的に早いので、ちょっとした空き時間にiPad Proに充電しておくだけ、すぐにバッテリー満タンになるのです。

Apple Pencilが折れそう

唯一の不満は、充電中に何かの拍子でApple Pencilに負荷がかかり、Lightning端子部分が曲がってしまわないかという心配があることでした。

f:id:justyle:20160514221226j:plain

そう、まさに上の写真のようにです。でもこの写真、わざとやっているのです。

Apple Pencilの隠れた秘密

実は、Apple Pencilの充電端子はちょっとやそっとの力では、折れないほど強靭な仕組みになっていたのです。先ほどの写真は、9.7インチiPad Proですが、Apple Pencilを突き刺した状態で、Apple Pencilを右手で握ったままiPad Proを持ち上げているんです。

写真を見ると、充電端子部が曲がっているように見えると思いますが、これ本当に曲がっているのです。

f:id:justyle:20160514221227j:plain

上の写真をご覧ください。よく見ると、Lightning端子の根元は薄い円盤状になっており、Apple Pencil本体との間にわずかな隙間があることがわかります。この遊び(隙間)が存在することによって、Lightning端子はそれ自身が上下にわずかに動く機構になっていたのです。たった9mmほどの太さのペンシルの内部にそんな機構が隠されていたなんて、これまで全く知りませんでした。

しかもLightning端子をよく見ると、何かの認証マークが描かれています(裏側にも文字が書かれていました)。

f:id:justyle:20160514221228j:plain

実際に曲がる様子を確認しようと、親指でぐいっと曲げてみました。親指先端の凹み具合をみてわかるかもしれませんが、相当強い力を入れないと曲がりません。Apple Pencilは、そのデザインこそまるで昔からあるような鉛筆のスタイルをしていますが、中身は最新のテクノロジーがぎゅっと詰まっており、しかも強度に関しても史上最強のペンシルになっていたのです。

こりゃびっくりです。たかがペンシルにここまでのこだわりを見せたAppleはすごいとしか言いようがないです。