読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UPDATE LIFE

人生をアップデートするブログ

格安SIM「FREETEL」にMNPしてよかったと思えるニュースが飛び込んできた。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20160423221136j:plain

4月にauから「FREETEL」にMNPしました。今のところ問題もなく快適に通信できています。そんな中、「MMD研究所」が「2016年4月格安SIMサービス通信速度調査」というものを発表しました。

2016年4月格安SIMサービス通信速度調査

調査対象は、以下の格安SIMサービスのシェア上位を占める10サービスだそうです。

  1.  OCN モバイル ONE
  2. 楽天モバイル
  3. IIJ mio
  4. BIGLOBE SIM
  5. mineo(docomo、au)
  6. DMM mobile
  7. Nifmo
  8. FREETEL SIM
  9. UQ mobile
  10. U-mobile

測定結果(ダウンロード速度)

調査結果の一部がこちらのグラフです。

f:id:justyle:20160423220619p:plain

報告書によれば、

全国主要5都市の調査結果について5都市のダウンロード速度を箱ひげ図でみていくと、中央値が高かったのは、FREETEL SIMで13.9Mbps、次いでUQmobileが8.2Mbps、楽天モバイル7.4Mbpsが上位となった。箱の高さ(75%値)に着目すると、UQmobileが20.5Mbpsで最も高く、mineo(au)が16.8Mbps、FREETEL SIMが16.6Mbps、IIJ mioが14.3Mbpsで続いた。中央値、箱の高さが高い5社の中で、速度の安定性の目安となる箱の長さ(箱の長さが短いほど速度の振れ幅が少ない)を見てみると、FREETEL SIM、楽天モバイルの2社が、箱が短くなっており、相対的に速度が安定していた結果といえる。
尚、従来の計測方法である平均値の速度結果について、ダウンロード速度はUQmobileが15.8Mbpsで最も速く、次いでFREETEL SIMが12.5Mbps、mineo(au)が10.6Mbpsで続いた。 

以上の結果を見る限り、「FREETEL」の回線速度は比較的早く、速度も安定していると言えます。これは、MNPする前に調べた情報とも一致しており、今のところ品質も安定していると言えるでしょう。

詳しくはMMD研究所の調査報告書をご覧ください。

「FREETEL」は魅力的なキャンペーンを続々と発表しており、今後ユーザー数の増加が予想されますが、このまま高品質な回線を提供していってほしいものです。

futurevision.hatenablog.com

「FREETEL」に興味を持ったら合わせてお読みください

futurevision.hatenablog.com